慰謝料請求の実行編

不倫慰謝料を、実際に請求するとなると

希望通りの慰謝料を勝ち取るために、どんな方法で、どんな順番でやっていけばいいのでしょうか?1日でも早く希望額通りの慰謝料を受け取るために、どんなことに注意すればいいのでしょうか?
皆さんが知りたいポイントをまとめました。

不倫慰謝料を請求するにあたっては次の3パターンが考えられます。

  1. 離婚はしたくない
  2. 離婚を考えている
  3. 慰謝料はいらないから、不倫相手と別れてほしい

離婚はしたくない場合は、「不倫相手が全て悪い」と憎しみを募らせ、過度な要求をする場合もあるようです。そのため、請求する慰謝料金額も多くなる傾向があり、解決が長引く場合もあるようです。

離婚を考えている場合は、不倫相手だけでなく、不貞・不倫行為をした配偶者にも慰謝料請求をする場合もあります。離婚して家計が別になれば、配偶者に慰謝料請求をする経済的な意義があります。

慰謝料はいらないから、不倫相手と別れてほしいという場合。

不倫の証拠をどれだけ自分が握っているのか、子の有無、配偶者と「どうしてもやり直したい」という強い気持ちがあるかどうか。
不倫・慰謝料問題を解決するには、あなたの気持ちと弁護士のサポートが欠かせません。

不倫に対する謝罪文の意味

証拠になるので、良し(証拠が無い場合に使える)悪し(反論を招く可能性)がある

慰謝料請求と内容証明郵便の注意点

基本は内容証明だが、必ずしもそれがベストとは限らない

慰謝料請求で、やってはいけないNG集

不倫慰謝料請求でやってはいけないこと

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ