慰謝料請求の完結編

不倫・不貞行為の慰謝料請求をしたら、相手はどう出てくる?

不倫・不貞行為を理由に慰謝料請求をした場合、以下の対応が予想されます。

1.不倫・不貞行為の慰謝料を払うと回答してくる

不倫慰謝料を希望額通りに払ってくれるならこれ以上の解決はありません。
不倫慰謝料の支払日、支払方法(一括か分割か、分割支払日など)を決めた上で、示談書(できれば公正証書にする)を作りましょう。

2.不倫・不貞行為の慰謝料の減額を求めてくる

不倫・不貞行為は認めた上で、経済的な事情等から、不倫・不貞行為の慰謝料について減額や分割での支払を求めてくることがあります。条件次第では応じても良いでしょう。
話しがまとまったら示談書(できれば公正証書にする)を作ります。

3.不倫・不貞行為を認めない(不倫・不貞行為の慰謝料は払わない)

「不倫慰謝料を払うつもりはない」、「不倫慰謝料を請求される理由が無い」、などと不倫慰謝料の支払を拒否する場合もあります。

本当に不倫・不貞行為が無かったのか、不倫・不貞行為の証拠と共に不倫相手の意思を確認することが必要です。また、不倫相手が本人(不倫・不貞行為の慰謝料請求権を持つ配偶者)をなめている、甘く見ているということも考えられます。このような場合は、弁護士が交渉することで、相手の態度が変わる可能性も考えられます。

不倫・不貞行為の相手が引き伸ばしに出る場合も

その他、不倫・不貞行為をした相手が、不倫慰謝料について認める、認めないとはっきりと答えずに「まずは話し合いをしたい」とだけ返答してくるケースもあります。

このような場合、事態の解決(慰謝料支払)を引き伸ばそうと不倫・不貞行為の相手が考えていることが想定されます。相手のペースに呑まれず、毅然とした態度を示すためにも、弁護士の関与が有効です。

合意したら、示談書(和解契約書)を作成する

不倫相手と、不倫・不貞行為の慰謝料金額や支払期日などで合意ができたら、示談書(和解契約書)を作成します。(できれば公正証書にしておく)

示談書を公正証書にする場合

不倫・不貞行為の慰謝料請求について、示談書を公正証書にする場合とは、どんな時なのでしょうか。

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ