慰謝料って何?

慰謝料って何?

慰謝料とは精神的な苦痛を与えた行為者(加害者)が、被害者に対して支払う損害賠償です。不貞行為・不倫によって、精神的苦痛を受けた、欝病等の病気になった、体調不良等で退職におい込まれた、不貞行為・不倫が原因で離婚に至った等、様々な被害が想定されます。このような被害を受けた側は、不貞行為・不倫を行った者に対して、慰謝料を請求できます。慰謝料請求は不貞行為・不倫をした加害者に対する損害賠償請求です。

暴行虐待に対する慰謝料などと同じ性質のものです。

慰謝料額に明確な基準は無い

慰謝料額は、それぞれのケースによって異なります。個々の事情によって慰謝料金額は違うため、「○○をしたから、慰謝料は○○円」と明確な基準が決まっているわけではありません。それぞれの事情によって慰謝料は算定されます。精神的な苦痛の度合いが大きければ大きいほど、慰謝料は高くなります。慰謝料額決定にあたっては当事者の経済状態や、不貞行為・不倫が原因で離婚に至ったか等、個々の事情が考慮されることになります。慰謝料額は、当事者の話し合いで決めていきます。話し合いができないほど関係が悪化している場合は調停や訴訟など、裁判手続に進むことになります。

慰謝料に税金はかからないが、非課税を守るには注意が

慰謝料は、損害賠償金として、「心身に加えられた損害などに起因して取得されるもの」という位置づけになります。

所得税法では非課税です。

ただし、注意が必要な点は慰謝料金額が「社会通念上妥当な金額」を超えていると、その超えた部分の金額は贈与とみなされてしまいます。

また、課税対象となる場合があります。例えば、慰謝料を金銭で払う場合は問題ありません。しかし土地や建物を処分して、慰謝料を支払う場合は、譲渡所得税等の負担が生じます。非課税で済むかどうか、慰謝料の支払い方にも注意が必要です。

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

相談無料!不倫の慰謝料請求をされた方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ