不倫慰謝料と時効

慰謝料請求の時効に注意

不倫・浮気の慰謝料請求をする場合、できるだけ早く実行しましょう。不倫・浮気の慰謝料請求権には「時効」があり、時効期間が過ぎると不倫・浮気の慰謝料請求ができなくなってしまうからです。

不倫(不法行為)に対する慰謝料請求権は、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから3年、不法行為のときから20年で消滅します。

ただし、不倫慰謝料請求権が3年で自動的に消えて(消滅して)しまうということではありません。不倫行為があって不倫相手を知った時から3年で、不倫の相手方は慰謝料請求を拒めるということです。また、相手方が「もう時効なので、慰謝料は払いません」と主張(時効の援用)をしないと、消滅時効は効力が確定しません。

不倫慰謝料請求の時効は、いつからカウントされる?

不倫慰謝料請求の消滅時効期間は、損害及び加害者を知ったときから進行します。

平成10年12月21日 東京高等裁判所

妻が、その相手の不法行為により離婚をやむなくされ精神的苦痛を被ったことを理由として損害の賠償を求める場合、右損害は離婚が成立して初めて評価されるものであるから、第三者との肉体関係ないし同棲の継続等を理由として離婚を命ずる判決が確定するなど離婚が成立したときに初めて離婚に至らせた第三者の行為が不法行為であることを知り、かつ損害の発生を確実に知ったこととなるものと解するのが相当である 。

つまり、夫の不倫相手へ離婚に伴う慰謝料請求を行う権利の時効は、離婚が成立した時点から進行するという判断です。判例の場合、離婚成立後、3年未満だったため、慰謝料請求権の消滅時効は完成していないとして慰謝料請求が認められました。

「催告」で、時効を中断させる方法も

時効を中断させる方法には、 裁判上の請求(支払督促の申立、 訴訟の提起、民事調停の申立等)や裁判外の請求等があります。簡易な方法としては、一般的に内容証明郵便等を使った催告が行われますが、この場合、中断の効力は6ヶ月間に限られますので、6ヶ月以内に裁判上の請求などを改めて行う必要があります。その他、相手が債務を認めたり、一部を弁済すると時効が中断します。

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

相談無料!不倫の慰謝料請求をされた方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ