共同不法行為とは?

共同不法行為とは

共同不法行為とは「複数の人間が共同して、一つの不法行為を行う」ことで、関係した複数の人(加害者)は誰でも被害の全部を賠償する責任があります。
不倫配偶者と不倫相手はそれぞれが全額の賠償責任を負担することになります。

「連帯して損害賠償義務」を負うので、配偶者にも不倫相手にも慰謝料請求ができる

共同不法行為にあたると、不法行為をした行為者全員が連帯して、損害賠償責任を負うことになります。不貞・不倫行為を理由に慰謝料請求をする場合、不倫相手だけでなく、不貞・不倫行為を行った自分の配偶者にも慰謝料請求ができます。ただし、先に請求した加害者(例えば不倫相手)から十分な慰謝料が支払われた場合は、もう一方の加害者(配偶者)には慰謝料請求はできません。つまり、二重に支払を受けることはできないのです。実際に慰謝料請求をする場合は、相手の支払能力(財力)や離婚・別居等で家計がすでに別々になっているのか(同じ家計内で慰謝料請求→支払を受けてもあまり意味が無いことになるため)等、状況を見極めて請求をする必要があります。

「払い過ぎた」場合は、一方の当事者に請求できる

共同不法行為の行為者(不倫相手と自分の配偶者)は、それぞれの負担部分を超えて支払をした分は、他方の行為者に超過分を請求できます。 例えば、慰謝料金額が400万円で、責任が不倫相手と配偶者、それぞれが50%ずつとします。すると、各自の慰謝料負担分は200万円ずつになります。その場合で、先に慰謝料請求を受けた不倫相手が300万円を支払えば、自分の負担部分を超えた分=100万円を他方の行為者(=配偶者)に請求できる、ということになります。慰謝料請求をする場合は、後に配偶者が求償される場合もあるという事も想定しておく必要があります。

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

相談無料!不倫の慰謝料請求をされた方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ