不倫の慰謝料請求ができない場合

不倫慰謝料請求ができないのは、次のような場合です。

1.不倫相手と肉体関係がない

肉体関係がない(単に頻繁に会っていた、キスをした等)場合は、法律で言う「不貞」には該当しないため、慰謝料請求はできません。

2.夫婦関係が破綻している

不貞行為・不倫関係があった当時、または不貞行為・不倫関係の前から、夫婦関係が破綻していて修復不可能な状態に陥っている場合は、慰謝料請求は認められません。

3.相手が既婚者とは知らなかった

不倫相手を既婚者と知らなかった、または配偶者が不倫相手に対して、「独身だ」、「もう夫婦関係が破綻していて離婚が近い」等と嘘を言っていた場合には、注意をすれば嘘を見抜けたハズだという場合を除いて、不倫相手に対して慰謝料請求が認められない場合があります。

4.慰謝料請求をしないと言った(慰謝料請求権を放棄した)

例えば、離婚協議書などで、「離婚後、お互いに財産上の請求をしない」、「浮気相手にも金銭の請求をしない」と明記され、承諾のサインをしてしまうと、原則として不貞行為・不倫をした配偶者や浮気相手に慰謝料請求ができなくなります。

5.結婚前に同棲していただけ

法律婚(婚姻)をしていない状態で、単に恋人として付き合っていた(同棲していた)相手から一方的に別れを告げられた場合は、それが不満であったとしても原則として慰謝料請求はできません。ただし内縁(事実婚)関係として、周囲に認知されていた場合は慰謝料請求ができる場合もあります。

6.性風俗関係に勤めている人と肉体関係を持った

どこまでの範囲の行為(肉体関係)が、性風俗(仕事)の関係であって、どの範囲の行為(肉体関係)が性風俗(仕事)以外の関係だったのかを証明しなくてはならないことや、性風俗店舗に勤めている側が不倫・不貞行為を否定する場合があるため、慰謝料求が非常に難しくなる場合が多いようです。

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

相談無料!不倫の慰謝料請求をされた方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ