不倫で慰謝料請求されたら

不倫(不貞)をしたことは間違いない。

不倫(不貞)行為を理由に、不倫(不貞)行為の慰謝料請求をされたら何より放置しないことです。必ず、誠意を持って相手(慰謝料請求者)に回答書を送りましょう。

不倫(不貞)行為をした相手の配偶者本人ではなく、弁護士から不倫(不貞)行為の慰謝料請求を受けた場合は、特に注意が必要です。

不倫は確かに不法行為ではありますが、あなたの側の事情も主張できない訳ではありません。また、不倫慰謝料を請求する場合、殆どは「判例(相場)よりも高く請求する」ことが多いのが実情です。相手が「独身だ」と嘘をついていた、上司と部下という関係から不倫を強要されたといった事情があれば、不倫慰謝料の支払を拒否できる場合もあります。泣き寝入りせず、あきらめず、できるだけ早く弁護士を頼ってください。

すべて認める場合

不倫・不貞行為と慰謝料請求を認めるにしても、当事者同士で話し合いはしないこと

慰謝料の減額を申し出る場合

不倫・不貞の慰謝料は減額できる場合がある

相手の要求に反論する場合

不倫・不貞行為の慰謝料請求を拒否できる場合がある

慰謝料の回答書作成を弁護士に依頼するメリット

動揺したままで、的確な回答・返答はできない

相談無料!不倫の慰謝料請求をしたい方、今すぐ、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ